留学先はアクセントにも要注意

海外へ留学へ行く際には、まず国の選定から始めるでしょう。


世界の英語圏の国は数多くあり留学先として候補に挙がってくる国は数多くあります。

その中でもアメリカやイギリス、そしてオーストラリア等は非常に人気が高い国となっています。



しかし、この様に留学へ行く国によっては発音が大きく異なりますので、もしアクセントや発音が気になる人は事前にどの様な違いがあるのかを確認しておき、語学を学ぶ国を選択すると良いでしょう。

例えば、よく映画等で耳にするのかアメリカ英語です。日本人にとっては発音が非常に難しく、発音の練習が重要な英語とも言えるでしょう。
そしてその次にイギリス英語です。

ブリティッシュイングリッシュとも言われる事もある程、アメリカ英語と並んで頻繁に活用される英語の種類です。

アメリカ英語と比べると日本人にとっては発音がしやすい点が特徴です。その他にもオーストラリア英語は特徴的な発音としての有名です。


そしてこの3つの英語は同じ英語ですが、発音も異なれば、使う単語も異なる場合があります。
同じ単語でも国によっては意味が異なる場合があります。

nanapiの基本知識を紹介しています。

この様に英語には様々な発音の種類があり、単語も異なりますので、どの様な国へ学ぶべきか事前に確認をしておくと良いでしょう。

今年、最も指示を集めた留学情報なら、こちらをご参考にしてください。

日本人が海外で覚える英語は現地の英語がそのまま反映される事が多いので、後から発音を変える事はなかなか簡単ではありません。

そのため、是非自身が期待をする英語を学べる国を選択してみましょう。